クレジットカードの長所と短所

現金を持ち歩く危険性


現在、多くの人々が所持しているカードと言えばポイントカードとクレジットカードですが、それらには長所もとても多く現金を持たずに多くの買い物をしたり、家のリフォームや新車を購入したりと少し高めの買い物をする時には現金で支払うと言うことが難しくなってきます。
なぜなら、多額の現金を持ち歩くと犯罪や事件に巻き込まれる可能性が高くなってしまうためです。
その上、買い物をする際にはお金を持たなくてはなりません。
しかし、多額の買い物をするとなるとやはりお札と言う一枚一枚がとても薄い物であっても枚数が多くなるほど分厚くそして重くなります。
その様なことになってしまうとお財布の生地ももちろん傷みますし、お財布にお札が入りきらないと言うこともあります。
その様なことになってしまうと、やはり現金を他のカバンなどに入れて持ち歩くと言うことにもなりかねません。
そうなってしまうと、目をつけられて犯罪に巻き込まれる可能性がとても多くなってしまいます。

クレジットカードは信用をお金に換えるということ

そこで、クレジットカードを使うとその場でカードを出してサインをするだけで、あらかじめ作っておいた口座からお金が引き落とされるまたはその請求額分を銀行などから振り込むと言うことになります。
しかし、カードにはカード詐欺やカード悪用などに巻き込まれると言う可能性が大いにあります。
こういった犯罪やトラブルに巻き込まれてしまうと、やはり自分の口座から勝手にお金を引き落とされそして口座番号を悪用され、財産を失ってしまうと言うことがあります。
年々その様な犯罪の手口は巧妙になっており、カードを持っていると言うだけでこの様な犯罪やトラブルに巻き込まれると言うことが増えています。
この様にクレジットカードには長所もありますが短所もあるのです。