クレジットカードを作る難しさ

クレジットカードの仕組み

近年持つ人が急速に増加しているクレジットカードと言うものですが、それがどの様な仕組みであってどの様なものであるのかと言うことを理解せずに使っている人が多くいます。
その様な状況で使っているからこそ、お金に関するトラブルや事件が多発しているのです。
このクレジットカードと言うものは広義に買い物をカードでしてから、その料金を後ほど銀行口座や振り込みによって支払うことが出来るものです。

クレジットカードとプリペイドカード

良く目にする電車やバスなどで使うカードとは仕組みがかなり違い、電車やバスなどで使うことが出来るカードはプリペイドカードと言って、前もってお金を入金しておきそれを使うことによって残高が減ると言うものです。
この仕組みは一昔前に流行ったテレフォンカードや図書カードなどの仕組みと同じもので、追加で入金することが出来るので環境に優しいと言うことで人気の高いカードとなっています。
それらは、カードを作る時に住所、氏名、電話番号そして保険証などの身分証明書などがあれば誰でも作ることが出来ます。

本当は難しいクレジットカードの審査

それに対してクレジットカードは、身分証明書や住所、電話番号、氏名が必要である上に印鑑や課税証明書や財産の証明書など市役所や税務署で発行してもらわなければならない公的な書類がたくさん必要になってくる上に、審査と言うものがあり審査の内容とは、申込みを行った後に一定の財産基準やクレジット関係の履歴などが一定基準に達していない場合は申し込んでもカードを作ることはできません。
この様にカードは気軽にそして簡単に作ることが出来ると言う宣伝文句である場合でも実際は用意する書類などがたくさんあるために、カードを作ると言うことはとても大変なことなのです。